佐藤 典宏

プレハビリテーション総論

術前抗がん剤治療中にはプレハビリテーション(運動・栄養サポート)が必要

2020/11/20  

がんの部位やステージによっては、術前にしばらくの期間、化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療を行う場合もあります。 これを、癌の術前治療あるいはネオアジュバント療法などといいます。 この場合、当然ですが ...

その他

手術を受けるがん患者さんへ:禁煙のすすめ

2020/11/29  

たばこを吸っているがん患者さんもいらっしゃると思います。 手術が決まった時には、主治医から「たばこは絶対にダメですよ!」と忠告されたり、あるいはご自分でも「やめなければいけない」ことはわかっていると思 ...

プレハビリテーション総論

コロナ禍のプレハビリテーション(準備)のあるべき姿:がん患者は自宅で何をすればいい?

2020/11/19  

新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くのがん患者さんの手術や治療が中止あるいは延期となりしました。 実際に、入院や手術症例数を制限せざるを得ない状況が続いており、がん患者さんの手術までの待ち時間が ...

食道がん

食道がん術前の入院プレハビリテーションの効果:合併症が減少

2020/11/19  

手術前からのリハビリであるプレハビリテーションの最大のメリットは、術後の合併症が減らせることです。 とくに食道がんは、体への負担が大きな手術が必要となり、また、合併症も多いことより、プレハビリテーショ ...

プレハビリテーション総論

がんの手術・治療をひかえた患者さん必読『がん手術を成功にみちびくプレハビリテーション』

2020/11/8  

2020年12月18日、大月書店から『がん手術を成功にみちびくプレハビリテーション:専門医が語る がんとわかってから始められる7つのこと』が出版されます。 がん手術前の「プレハビリテーション」について ...

プレハビリテーション総論

理想的なプレハビリテーション(手術前の準備)の期間は?

2020/11/9  

がん患者さんが、手術までの期間に、運動を中心とした術前の準備(プレハビリテーション)をすることで、術後早期に回復できたり、合併症の発生率が下がるといったメリットがあります。 では、術前のプレハビリテー ...

プレハビリテーション総論

術後のリハビリよりも術前プレハビリテーションのほうが有効

2020/11/9  

現在の医療現場では、早期離床(手術後にできるだけ早くベッドから離れ、歩行などを開始すること)を目標にかかげ、術後できるだけ早くからリハビリテーションを行うのが一般的です。 一方で、最近注目されているの ...

プレハビリテーション総論

プレハビリテーションが必要となる手術の種類(術式)は?

2020/12/11  

手術を受ける予定のがん患者は、術前からプレハビリテーション(運動、栄養サポートなどの準備)をすることで、合併症のリスクを減らせるといったメリットがあります。 しかし、がんの手術といってもさまざまで、種 ...

プレハビリテーション総論

どんな「がん患者」にプレハビリテーションが必要か?

2020/11/9  

手術前からのリハビリである「プレハビリテーション」は、どんな人に必要なのでしょうか? がんの手術を受ける患者さんの背景(年齢や体力、栄養状態、がんの部位や進行度など)は一人一人まったく違います。 この ...

プレハビリテーション総論

プレハビリテーションによってがん生存率も改善

2020/11/9  

がん患者さんにとってプレハビリテーションのメリットは、合併症リスクが減ることや入院日数が短縮することなどが主なものですが、驚くべきことに、プレハビリテーションを行うことで、生存期間が長くなるという研究 ...

Copyright© がん患者さんのための「プレハビリテーション」 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.