YouTube動画 大腸がん 生活習慣

長時間の昼寝は危険?がん診断後のライフスタイル

更新日:

がんになった後の生活は?

がん診断後のライフスタイルは、がんの進行や予後にも影響するということが明らかとなってきました。

たとえば、昼寝の時間によって、がん患者さんの生存率に大きな差が出るという調査結果があるんです。

今回、大腸癌サバイバーにおける、診断後のライフスタイルと死亡率との関係についての研究報告を紹介します。

関連ブログ記事
「がん診断後のライフスタイル(運動、昼寝、テレビ視聴時間)が大腸がんサバイバーの寿命を決定する」https://satonorihiro.xyz/post-4675/

#がんサバイバー #生活習慣 #生存期間

  • この記事を書いた人

佐藤 典宏

外科医(産業医科大学第1外科講師)/がん研究者/YouTube「がん情報チャンネル」登録者2万人突破!/著書に『ガンとわかったら読む本』『がんが治る人 治らない人』『がんにならないシンプルな習慣』など。がん患者さんと家族に役立つ情報を発信します。

-YouTube動画, 大腸がん, 生活習慣

Copyright© がん情報チャンネル , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.