YouTube動画 がんの原因

日本で「がん」が急増している原因は?癌罹患率・死亡率について世界中の国との比較でわかったこと

更新日:

「欧米など他の国に比べて、日本だけが、がんにかかる人やがんで死ぬ人が増え続けている」という話を聞きます。これは、本当でしょうか?がんが増えているとしたら、その原因は何でしょうか?がん統計および研究結果を使って考えてみました。

はじめに

よく「欧米など他の国に比べて、日本だけが、がんにかかる人やがんで死ぬ人が増え続けている」という話を聞きます。

まず、これは本当なのでしょうか?

次に、がんが増えているとしたら、その原因は何か?ということですが、じつに色々な情報がとびかっています。

なかには、「ふだんから普通にとっている食べものが原因」という意見もあって、不安になっている人もいると思います。

あるいは、不安を煽って、健康食品や本などを売りつけるあやしいビジネスも横行しています。

そこで、今回は、本当に日本でだけ、がんが増え続けているのか?また、もしがんが急増しているとしたら、その原因は何か?ということについてお話します。

日本人におけるがん罹患者数の推移

まず、国立がん研究センターによる最新の統計を見てみましょう。

1975年から2002年までの、年間のがんの罹患者数、死亡者数によると、1年間にがんになった人(および、がんで死亡した人)の人数は増えています。

ただ、これははたして日本だけの現象でしょうか?

オリンパスのウェブサイトに、「世界におけるがん患者数の動向」というページがあります。

これは、WHOのがんに特化した研究機関である国際がん研究機関(IARC)が報告している、2002年から2018年までの世界185ヵ国におけるがんの罹患者数および死亡者数の推移です。

これによると、世界的に、がんの罹患者数、死亡者数は増加していることがわかります。

とくに、がんの罹患者数は、ここ20年で2倍近くに増加しています。

つまり、がんの患者さんが増えているのは、日本だけではないことがわかります。

話を日本にもどしますが、では、なぜ日本でがんの患者さんが増えているのでしょうか?

なぜ日本でがん患者が増えているのか?その原因は?

この質問に対しては、じつは明確な「答え」というのはありません。

その理由のひとつは、がんの原因は複数あること。がんができる部位・臓器によって、原因が異なること。

また、個々の患者さんで、がんと原因の因果関係を証明することは難しいためです。

ただ、最大の原因と考えられているのは、「高齢化」です

日本では、このように高齢者人口が増え続けています。

「老化」にともなうDNA複製エラーの増加、免疫老化、あるいは老化細胞による炎症が、がんの原因になることは、以前の動画でお話しました(老化と癌:高齢者にがんが急増する3つの理由)。

がんはある意味、「老化現象」とも言える病気です。

実際に、日本における年齢別のがんの罹患率では、(とくに、男性で)60歳を境に急に増えて、高齢になればなるほどがん患者が増加することがわかります。

本当の意味で「がんの発生率が増えているか」、あるいは「老化以外の原因によるがんが増えているのか」を評価するためには、この年齢によるがん患者のかたよりを調整する必要があります。

つまり、時代によって高齢者人口が違いますので、その影響を取り除かないといけません。

これが、年齢調整罹患率および死亡率です。

年齢調整罹患率については、国立がん研究センターによると、1985年~1990年代半ばに増加、その後2000年~2010年前後に再び増加したものの、その後は横ばいということです。

つまり、ここ10年では増えていません

次に、年齢調整死亡率の推移ですが、がんによる死亡率は、(高齢化の影響を除くと)徐々に低下していることがわかります。

つまり、日本におけるがん治療の成績が向上していることが理由で、がんの死亡率は低下していると言えます。

最後に、日本のがん患者の状況を他の国と比較するために、最近報告された、世界におけるがん罹患者および死亡者の統計を紹介します。

これは、世界204カ国のがんのデータを集計して解析した国際共同研究で、今年の3月に、JAMA Oncol という雑誌に報告されました。

年齢で調節したがん罹患率の、2010から2019年までの変化ですが、日本は、欧米と同様に、がん罹患者率は減少傾向にあるということです。

逆に、増えている国は、中東や東南アジア、アフリカ諸国です。公衆衛生のあまり発達していない途上国で増えているというわけです。

つぎに、年齢で調整したがん死亡率の変化です。

これも、日本では欧米諸国と同様に、減少傾向にあります

しかも、年間1%以上も減少しているとのことで、アメリカよりもむしろ減少率が高いことがうかがえます。

決して、日本だけが、他の国よりもがんの罹患率や死亡率が増加しているわけではないことがわかります

まとめ

というわけで、まとめますと、

  • 日本におけるがん罹患・死亡者数は増加
  • 最大の原因は高齢化
  • 欧米諸国と同様、(年齢で調整した)がん罹患率・死亡率は減少傾向

ということでした。

 

#癌患者数 #日本人のがん #欧米のがん治療 #世界のがん #日本でがん増えている #高齢化 #がん死亡率 #がん罹患率 #年齢調節

  • この記事を書いた人

佐藤 典宏

外科医(産業医科大学第1外科講師)/がん研究者/YouTube「がん情報チャンネル」登録者2万人突破!/著書に『ガンとわかったら読む本』『がんが治る人 治らない人』『がんにならないシンプルな習慣』など。がん患者さんと家族に役立つ情報を発信します。

-YouTube動画, がんの原因

Copyright© がん情報チャンネル , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.