YouTube動画 がん予防 コンビニ 食事・栄養

ローソンで買える抗がん食品5選:医師推奨

更新日:

ふだん利用するコンビニにも、がん予防やがん治療のサポートとなる食べ物が売っています。今回は、医師がおすすめするローソンで購入できる「抗がん食品」を5つ紹介します。

はじめに

先日、セブンイレブンとファミリーマートで買える抗がん食品を紹介したところ、多くの人に視ていただいて、また、高評価をたくさんいただきました。

みなさんから、あとは、ローソンもしてほしいというメッセージをいただきました。

近くのコンビニは、ローソンしかないというかたや、コンビニにも好き嫌いがあって、ローソンが好きなかたも多いと思います。

というわけで、しつこくて申し訳ありませんが、今回は、ローソンで買える抗がん食品を紹介したいと思います。

ローソンで買える抗がん(がん予防)食品5選

前回同様、「ローソンで買える」というタイトルですが、ローソン限定というわけではありませんし、同じようなものが他のスーパーやコンビニでも売っているものもあります。

ただ、この動画を視ていただいて、今後、ローソンに行く機会があれば、こういった食べ物も手に取ってもらいたいということで、選びました。

ということで、早速5つ、紹介したいと思います。

1.さばみそ煮

前に視た動画と同じではと感じた人もいるかもしません。何度も同じような缶詰がでてきて申し訳ありませんが、今回は、さばみそ煮です。

青魚のオメガ3不飽和脂肪酸(EPAやDHA)は、がんの予防やがん患者さんの治療のサポートとして効果が期待されますが、この一缶で、EPAが1.4g、DHAが2gもとれます。

また、みそも発酵食品ですので、腸内環境を整える作用があります。

毎日魚をたべるのは結構たいへんですが、缶詰だと、手軽に食べることができます。

2.玄米ご飯

これは、玄米でがんが治るといった極端な話ではないのですが、白米と玄米のどちらがいいかと聞かれれば、私は、玄米のほうがいいと思います。

理由は、まず、玄米は白米に比べて、グリセミック指数が低くて、血糖値が急上昇しにくい食品です。

ですので、がんの原因となる肥満や糖尿病にもなりにくいですね。

また、どうしても、血糖値が急に上昇すると、インスリンが分泌されて、がんが進行するリスクがあります。

また、玄米には、食物繊維が豊富に含まれていて、これも腸内環境をととのえて、がんに対する免疫機能が高まることが予想されます。

3.本格熟成キムチ

キムチは発酵食品の代表的なものですが、これも腸内環境をととのえる作用があります。

実際に、動物実験では、キムチを食べることで、マウスの大腸がんの発症が抑制されたという結果です。

というわけで、ローソンに行くと、かならず、キムチを買ってしまします。

4.8品目のさっぱりサラダ

豆、レンコンなどの根菜、ひじき、押し麦などが入ったサラダで、とにかく食物繊維がたくさん摂れます。

1袋あたり、3.7gの食物繊維がとれるということです。

食物繊維は、大腸癌をはじめ、様々ながんの予防につながることがわかっていますし、がんの診断後にも食物繊維をとることで、生存期間が延長するという研究報告もあります。

理想的なサラダですね。

5.ミックスベリー

冷凍のミックスベリーですね。

ベリー類には、ポリフェノールが豊富に含まれていて、がんの予防に有効です。

とくにブルーベリーやブラックベリーには、アントシアニンが含まれていて、抗がん作用があることが実験であきらかとなっています。

そのまま食べてもいいですし、スムージーにしたり、ヨーグルトにかけて食べてもいいですね。

というわけで、ローソンで買える抗がん食品5つでした。
#ローソン #コンビニ食 #癌予防 #がん患者 #がんに効く食品

  • この記事を書いた人

佐藤 典宏

外科医(産業医科大学第1外科講師)/がん研究者/YouTube「がん情報チャンネル」登録者2万人突破!/著書に『ガンとわかったら読む本』『がんが治る人 治らない人』『がんにならないシンプルな習慣』など。がん患者さんと家族に役立つ情報を発信します。

-YouTube動画, がん予防, コンビニ, 食事・栄養

Copyright© がん情報チャンネル , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.