YouTube動画 がん転移・再発 乳がん 肺がん

がん骨転移:症状、治療と予後(生存率)について医師が解説

更新日:

がんの骨転移は、肺がん、乳がん、前立腺がんなどで多くみられます。

以前に比べると、治療の選択肢が増え、予後(生存率)は改善してきました。

ある報告によると、乳癌骨転移の患者さんの(骨転移診断からの)生存期間(中央値)は66.8ヶ月と5年以上だったとのことです。

#癌骨転移 #骨転移の治療 #ゾレドロン酸 #デノスマブ #ゾメタ #ランマーク #乳がん骨転移 #肺がん骨転移 #前立腺がん骨転移 #転移性骨腫瘍 #骨への転移 #骨転移の痛み

  • この記事を書いた人

佐藤 典宏

外科医(産業医科大学第1外科講師)/がん研究者/YouTube「がん情報チャンネル」登録者2万人突破!/著書に『ガンとわかったら読む本』『がんが治る人 治らない人』『がんにならないシンプルな習慣』など。がん患者さんと家族に役立つ情報を発信します。

-YouTube動画, がん転移・再発, 乳がん, 肺がん

Copyright© がん情報チャンネル , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.