YouTube動画 がん予防 食事・栄養

がん生存率を高める適正体重とは?がん診断時のBMIと生存期間との関係

更新日:

皆さんは、ご自分のBMI(体格指数)はご存じですか?じつは、「やせすぎ」も「肥満」も、どちらもがんの予後(生存期間)を悪化させるという研究データがあります。

適正なBMIを保つことが重要です。

例:日本肥満学会の肥満度判定基準
18.5未満 低体重(やせ)
18.5~25未満 普通体重
25~30未満 肥満(1度)
30~35未満 肥満(2度)
35~40未満 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)

#がん生存率 #肥満 #痩せ #ボディマスインデックス

  • この記事を書いた人

佐藤 典宏

外科医(産業医科大学第1外科講師)/がん研究者/YouTube「がん情報チャンネル」登録者2万人突破!/著書に『ガンとわかったら読む本』『がんが治る人 治らない人』『がんにならないシンプルな習慣』など。がん患者さんと家族に役立つ情報を発信します。

-YouTube動画, がん予防, 食事・栄養

Copyright© がん情報チャンネル , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.