YouTube動画 運動・筋トレ

がん患者はどのくらい運動すべきか?ガイドラインより

更新日:

海外のガイドラインによると、がん患者さんは、「中ぐらい」の運動を週にすくなくとも150分間(2時間30分)、または「はげしい」運動を週にすくなくとも75分間(1時間15分)おこなうことが推奨されています。

はじめに

がん患者さんには、運動するメリットがたくさんあります。

  • 運動するがん患者の方が予後が良い(再発が減る、生存期間が延長)
  • 筋肉やせ(サルコペニア)を予防
  • 筋肉から分泌される物質(マイオカイン)が抗がん作用を持つ
  • 運動によってNK細胞などの免疫細胞が活性化
  • カヘキシア(悪液質)を予防

こういうメリットを考えると、禁止されている方を除いて、がん患者さんには運動をおすすめです。

では、がん患者さんは「どういった運動をどのくらいすべきか?」という質問があります。

がん患者さんの理想の運動とは

がん患者さんは「どういった運動をどのくらいすべきか?」

じつは、この問いに対する答えはありません。

その人にあった運動を続けてもらえればいいと思います。

ただ、それではわからないという人もいるかもしれませんので、一般的な指針(ガイドライン)を紹介します。

2012年に米国対がん協会(American Cancer Society)が、がん患者さんのための食事と運動ということで、ガイドラインをつくっています。

【注】2022年に最新の改訂版がでました

2012年のガイドラインについては日本語訳の本がでていますので、もしくわしい内容が知りたい方は読んでみて下さい。

 

このガイドラインによると、成人がん患者(18歳から64歳まで)では、

「中ぐらい」の運動(下表)を週にすくなくとも150分間(2時間30分)

または、「はげしい」運動(下表)を週にすくなくとも75分間(1時間15

することが望ましい、としています。

ちなみに「中ぐらい」の運動とは、運動しながら話すことはできるが、歌うことはできない程度、「はげしい」運動とは、止まって息をしないと2~3語しかしゃべれない程度の運動とのことです。

65歳以上の患者さんも、可能であれば同様な運動が望ましいが、慢性の病気によって制限がある場合には、長時間の運動は避けたほうがよいとなっています。

つぎに、「中ぐらい」と「はげしい」運動の具体例を以下に紹介します。

まずは「中ぐらいの運動」です。

  • 社交ダンスとライン・ダンス
  • サイクリング(平地または少しの上り坂がある場所)
  • カヌー
  • ガーデニング(庭そうじ、木の剪定)
  • ボールを使ったスポーツ(野球、ソフトボール、バレーボール)
  • テニス(ダブルス)
  • 手動車椅子での移動
  • 自転車のペダル踏み運動器(エアロバイクあるいはエルゴメーター)
  • 早足歩き
  • 水中エアロビクス

次に、「はげしい運動」です。

  • エアロビクスダンス
  • サイクリング(時速10マイル(16キロメートル)以上)
  • はげしいダンス
  • きついガーデニング(土掘り、くわを使う)
  • 上り坂のハイキング
  • なわとび
  • 武道(空手など)
  • 競歩、ジョギング、またはランニング
  • たくさん走るスポーツ(バスケットボール、ホッケー、サッカー)
  • スイミング(早く、または何往復も)
  • テニス(シングル)

以上です。

これらの中から、自分にあった運動を楽しくやってもらえればいいと思います。

まとめ

がん患者さんに推奨される運動は、「中ぐらい」の運動を週にすくなくとも150分間(2時間30分)、または「はげしい」運動を週にすくなくとも75分間(1時間15分)です。

今は、コロナ禍で、あまり本格的な運動はできないかもしれませんが、室内でもできる運動を選んでいただきたいと思います。

 

#がん患者の運動 #時間 #運動の種類

  • この記事を書いた人

佐藤 典宏

外科医(産業医科大学第1外科講師)/がん研究者/YouTube「がん情報チャンネル」登録者2万人突破!/著書に『ガンとわかったら読む本』『がんが治る人 治らない人』『がんにならないシンプルな習慣』など。がん患者さんと家族に役立つ情報を発信します。

-YouTube動画, 運動・筋トレ

Copyright© がん情報チャンネル , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.