YouTube動画 サプリメント 運動・筋トレ

がん患者さんが短期間で筋肉をつける3つのコツ:下半身の筋トレ/ホエイプロテイン/HMB

更新日:

がん患者さんにとって、筋肉・筋力を維持することはとても重要です。しかし、いったん失った筋肉をとりもどすことは簡単ではありません。今回は、短期間で筋肉をつける3つのコツを紹介します。

はじめに

がん患者さんにとって、筋肉が必要であることは、以前の動画でもお伝えしました。

たとえば、筋肉量や筋力が減っているがん患者さんは、手術後の合併症が増えて、生存期間が短くなること。

筋肉量が減っている患者さんは、抗がん剤治療で副作用が強くでることが多く、治療成績が悪くなること。

つまり、どんな治療を受けるとしても、筋肉量を維持あるいは増やすことが、がん治療を成功にみちびくポイントになります。

とはいえ、がん患者さんでは、そもそも診断された時点で筋肉が減っていたり、あるいは、治療の影響で筋肉が減ることが多く、しかも、いったん失った筋肉をとりもどすことは簡単ではありません。

そこで今回は、がん患者さんが短期間で筋肉をつける3つのコツを紹介します。

がん患者さんが短期間で筋肉をつける3つのコツ

  1. 下半身の筋トレ
  2. 筋トレ後のプロテイン(とくにホエイプロテイン)
  3. HMB3-ヒドロキシイソ吉草酸(3-ヒドロキシイソ吉草酸)です。

1.下半身の筋トレ

人のからだの筋肉の約70%が下半身に集中しているといわれていますので、上半身よりも下半身を強化することで、効率よく筋肉量を増やすことができます。

下半身を鍛える筋トレには色々あるんですが、簡単にできる スクワットカーフレイズをおすすめします。

スクワットは、足を肩幅に開いて立ち、お尻を引きながらゆっくりとしゃがみ、ゆっくりと立ち上がります。

スクワットでは、できるだけ深くしゃがむのがポイントです。

きつい人は、椅子を使って、椅子から立ち上がるスクワットからはじめてもいいと思います。

スロースクワットもオススメです。

スクワットによって、おもに、太もも、お尻の筋肉を鍛えることができます。

カーフレイズは、かかと上げ運動、あるいはかかと落としとも呼ばれています。

まっすぐに立った状態で、ふくらはぎの筋肉を意識しながら、つま先立ちをくりかえします。

おもにふくらはぎの筋肉を鍛えることができます。

これも、きつい人は、椅子などにつかまって行うと楽になります。

2.筋トレ直後のホエイプロテイン

私は、筋肉を維持・増加させるため、患者さんにはホエイプロテイン(乳清タンパク質)の摂取をオススメしています。

他の大豆プロテインなどでもいいのですが、ホエイプロテインのほうが吸収が早いことがわかっています。

とくに、ホエイプロテインを筋トレ直後に飲むことをおすすめしています

じっさいに、筋トレ後のホエイプロテイン摂取が、筋肉量の維持・増加および身体機能の改善に有効であるという、ランダム化比較試験の結果が日本から報告されました。

この研究では、高齢の女性を対象として、

1.筋トレ+プロテイン群
2.筋トレのみ群
3.プロテインのみ群

の3つのグループに分けて、24週間後に筋肉量を測定しました。

その結果、筋トレ+プロテイン群では、骨格筋の量がいちばん増加していました。

ホエイプロテインは市販のものがいろいろありますので、口に合うのを選んでもらえればいいと思います。

3.HMB

HMBとは3-ヒドロキシ イソ吉草酸(β-hydroxy-β-methylbutyrate)の略で、必須アミノ酸の「ロイシン」の代謝物のことです。

最近、このHMBが筋肉の分解を防ぐサプリメントとして注目を集めています。

動物を用いたがんの悪液質(カヘキシア)のモデルでは、HMBの投与が筋肉重量および体重の減少を防ぐことが示されています。

カヘキシアを認める32人の進行がん患者(ステージ4)を対象としたランダム化比較試験において、HMBなどを投与したところ、筋肉量が増加し、がんの症状も改善したと報告されています。

さらに、サルコペニア(筋肉やせ/筋力低下)を認める高齢の胃がん患者さんに、術前から運動療法(ウォーキング、筋トレ)と栄養サポートに加え、HMBの投与を行ったところ、サルコペニアが改善し、手術後に重大な合併症はみられなかったとのことです。

まだ人における臨床データは少ないですが、筋肉量を維持あるいは増やすためには、HMBの摂取が有効だと思います。

最近では、サプリメントとして、いろいろなメーカーから販売されています。

HMB入りのホエイプロテインも販売されています。

 

まとめ

というわけで、短期間で筋肉をつける3つのコツとして、下半身の筋トレ、筋トレ後のホエイプロテイン、そして、HMBでした。

 

#癌患者 #筋肉 #筋力トレーニング #スクワット #カーフレイズ #運動 #サプリメント #プロテイン #HMB #術後 #抗がん剤

  • この記事を書いた人

佐藤 典宏

外科医(産業医科大学第1外科講師)/がん研究者/YouTube「がん情報チャンネル」登録者2万人突破!/著書に『ガンとわかったら読む本』『がんが治る人 治らない人』『がんにならないシンプルな習慣』など。がん患者さんと家族に役立つ情報を発信します。

-YouTube動画, サプリメント, 運動・筋トレ

Copyright© がん情報チャンネル , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.