YouTube動画 がん検査 がん転移・再発

がんの診断につかう「腫瘍マーカー」の役割を医師が解説

更新日:

腫瘍マーカーとは、簡単に言うと「がんが進行するにつれて体のなかで増えてくる物質」のことです。

言い換えれば、がんの「間接的な証拠」です。

今回は、がんの診断・治療における「腫瘍マーカー」の役割についてのお話です。

関連ブログ記事「腫瘍マーカーの種類とがんの診断・治療・経過観察における役割について」https://satonorihiro.xyz/post-3144/

#腫瘍マーカー #癌診断 #がん再発 #がん検診

  • この記事を書いた人

佐藤 典宏

外科医(産業医科大学第1外科講師)/がん研究者/YouTube「がん情報チャンネル」登録者2万人突破!/著書に『ガンとわかったら読む本』『がんが治る人 治らない人』『がんにならないシンプルな習慣』など。がん患者さんと家族に役立つ情報を発信します。

-YouTube動画, がん検査, がん転移・再発

Copyright© がん情報チャンネル , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.