YouTube動画 メンタルケア

「がんと闘う」よりも「前向きに生きる」すすめ:「がんが自然に治る生き方」より

更新日:

がんから劇的な寛解を遂げた人々は、「がんと闘う」という攻撃的な気持ちよりも、愛やよろこび、幸福感を感じるために「今を前向きに生きる」という意識を持つように心がけていたとのことです。がん患者さんが「前向きに生きる」とはどうゆうことでしょうか?実践のポイントやがん治療に与える影響を含めて解説します。

はじめに

ニュースなどで「がん闘病(とうびょう)」や壮絶ながんとの戦い、という言葉をよく耳にするように、「がんとは闘うもの」という先入観があります。

一生懸命がんと闘い、治療が上手くいったら「がんに勝った」、逆に治療が上手くいかず不幸な結末を迎えたら「がんに負けた」ということになります。

しかし、がん治療とは「闘い」なのでしょうか?毎日、敵である「がん細胞」を憎み、やっつけることばかり考えることが、がんの治癒につながるのでしょうか?

「がんが自然に治る生き方」の著者ケリー・ターナー博士によると、がんから劇的な寛解を遂げた人々は、「がんと闘う」という攻撃的な気持ちよりも、愛やよろこび、幸福感を感じるために「今を前向きに生きる」という意識を持つように心がけていたとのことです。

がん患者さんが「前向きに生きる」とはどうゆうことでしょうか?実践のポイントやがん治療に与える影響を含めて解説します。

がんと闘うのではなく、「前向きに生きる」とは?

がん患者さんにとって、「ぜったいに自分でがんを治す」という気持ちをもつことは大切です。

ただ、人によっては「がんと闘う」という気持ちよりも、がんを受け入れて「前向きに生きる」ことのほうがより効果的な場合もあるようです。

「前向きに生きる」とは、ストレスや恐れ、怒り、後悔、悲しみといったネガティブな感情を手放し、幸せ、よろこび、愛といったポジティブな感情を日々感じるように努力することです

ケリー・ターナー博士によると、じつは「前向きに生きる」ことは、単純に気持ちの問題にとどまらず、非常に重要なからだの変化をもたらすということです。

人は、愛やよろこび、幸福を感じると、血液中にセロトニン、リラキシン、オキシトシン、ドーパミン、エンドルフィンなどのホルモンが大量に血中へと放出され、不安が減り、ストレスに強くなり、免疫系を活発にするなど、からだによい作用をもたらします。

つまり、「がんをやっつける」という攻撃的な姿勢ではなくても、「前向きな感情」を持つことで、結果的にはがん細胞を排除することが可能であるとしています。

では、実際にはどうしたらがん患者さんが前向きに生きることができるのでしょうか?ケリー・ターナー博士による実践のポイントを私なりにアレンジしてみました。

 

がん患者が前向きに生きるためのポイント

1.1日のはじめに笑う(または感謝の気持ちをもつ)

笑って1日をはじめましょう。鏡の前で、最高の笑顔をつくってください。

あるいは「感謝の日記」をつくることもおすすめです。朝目が覚めたらすぐに、ありがたいと思うことを5項目、書き出してみましょう。

2.ニュース(とくにネガティブなニュース)はなるべく見ないようにする

テレビなどでは連日、殺人事件や芸能人ががんで亡くなった報道、今だとコロナ関連のネガティブなニュースであふれています。

こういうニュースを見続けると、気持ちも暗くなってしまいます。

できるだけニュース(とくにネガティブなニュース)は見ないようにしましょう

3.コメディーなど笑えるものを見る

最低でも1日に1回は、大笑いましょう。

笑えるもの、例えばお気に入りの漫画、コメディービデオ、ユーチューブを見るのもいいでしょう。

笑うことで免疫力が高まり、がん治療に役立ちます。

4.一緒にいて楽しい人とつきあう

自分の人間関係を見直し、「元気にしてくれる人か、疲れる人か」を考えてください。

疲れる人とすごす時間は減らし、元気にしてくれる人となるべく多くの時間をすごしましょう。

5.活動的になる

日々の暮らしのなかで、すぐ実践できる楽しみを見つけてください。

たとえば、運動、自然のなかのウォーキング、ガーデニング、カラオケ、踊る、瞑想する、料理、昔の友達に電話する、誰かにプレゼントをあげる、などです。

コロナ禍で、外でのアクティビティが制限されますが、家のなかでできる楽しみ、趣味を見つけるのもいいと思います。

週に3回は実践し、よろこびを味わうよう、自分に課してください。

6.寝る前に確認する

毎晩寝る前に、「今日、5分間だけでも幸せな時間をすごしたか」を確認してください。

もしできていれば、そのことを思い出して感謝してください。できていなければ、最初の項目に戻り、笑ってみるか、何かに感謝の念を抱いてから眠りについてください。

以上です。

前向きに生きて、進行がんが寛解した1例

最後に、「前向きに生きる」ことを実践し、進行がんから寛解した1例を紹介します。

エフラット・リブニーは、49歳のときに卵巣がんのステージ3Cと診断されました。現代医療、代替医療、さまざまな治療に取り組みました。けれども彼女がもっとも力をそそいだ取り組みの一つが、「より前向きに感じて生きる」ということでした。

「がん治療に取り組みはじめてすぐに、わたしは、これは闘いではないと気づきました。これは人生の新たな一章で、私はこれを受け入れ、なじんでいくしかないのだと。そのためには、人生を感謝とよろこびと楽しみに満ちたものにするしかない、と思いました。・・・・(中略)・・・よろこび、楽しみ、親切、感謝。それがわたしにとっての薬になりました。」

エフラットはもう12年も再発なしにすごしています。

まとめ

がん患者さんには、癌と闘うよりも、前向きに生きるほうがあっている場合があります。

もちろん、いろいろな考え方があります。

「がんと闘う」ことを目標にすることで治療をがんばれる人はそれでいいと思います。

ただ、「がんと闘う」という気持ちがしっくりこない人は、「前向きに生きる」ことを試してみてはいかがでしょうか?

 

#がんが自然に治る #メンタル #がんでも前向きに #がん闘病

  • この記事を書いた人

佐藤 典宏

外科医(産業医科大学第1外科講師)/がん研究者/YouTube「がん情報チャンネル」登録者2万人突破!/著書に『ガンとわかったら読む本』『がんが治る人 治らない人』『がんにならないシンプルな習慣』など。がん患者さんと家族に役立つ情報を発信します。

-YouTube動画, メンタルケア

Copyright© がん情報チャンネル , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.